看護師 育児

育児と仕事の両立は可能か

女性の育児と仕事の両立はとても難しい。特に一人目の時は子育て事態に戸惑いがあり、大きな喜びとともに強いストレスも感じるでしょう。
そんな家庭生活の中で、仕事も独身時代と同様にバリバリ働くことはかなり難しいと言えるでしょう。

 

それでも両立を考える方は、ご主人か勤め先の手厚いサポートが必要でしょう。
ただ、ご主人は仕事もあるでしょうし、育児や家事のサポートには限界があります、ですので、勤め先が協力的であることが絶対条件になってきます。

 

 

 

 

 

 

 

仕事の選び方

ズバリ、看護師の方が育児と仕事の両立を継続的にこなすためには、育休や急な欠勤がしやすい職場で選ぶのが妥当です。
今の職場がそうでない(非協力的)であるなら、ぜひ早い段階で転職することを視野に入れるべきでしょう。

 

仕事を変えるタイミングと決断

もしも転職を考えた時、転職に有利な時期なのかどうかを考える必要があります。年間を通じて見てみると、一般的には3月から4月、9月から10月にかけて新規求人が増える傾向にあります。

 

これらの時期は年度切り替えに伴う退職者や公認補充、新規事業のスタートなどがあるため、中途採用のニーズは高まります。

 

転職先の選択肢が増えるというのは良いことかもしれません。しかし、その分だけ新しく就職する人と転職をする人が殺到して、倍率があがってしまうのも当然のことです。

 

競争が激しくなるという面から考えると、転職者にとって不利な場合もあるでしょう。また、マスコミでは全体的な転職市場の動向を伝えていることがあります。
けれども、それはあくまでも参考程度として捉えておくべきでしょう。ムードに流されて不用意に転職の決断をくだすことはおすすめしません。

 

 

 

では、仕事を変えるベストなタイミングはいつなのか。

 

それは、人によって異なるのです。
まず、転職にかかる期間の目安は3ヶ月程と思っておきましょう。なぜ転職をしようと思っているのか、決断材料をしっかりとまとめておかなければ、面接時に行なう自己アピールは失敗に終わってしまいます

 

。自分自身と向かい合い、考えをまとて準備が整った時こそ、仕事を変えるベストなタイミングではないでしょうか。